伝外超スデメキルヤ団劇

劇団ヤルキメデス超外伝の裏ブログです。

ぬらりひょんの孫・葵螺旋城最終決戦編ネタバレ注意!バレ画像もZIPもない真面目なジャンプ一言感想です。

スポンサーリンク

カラー部分。ナウシカを思い出す。
扉絵。人員配置の意味は?

動機の確認。良い振り返り。

惑星…。天文操作。Ruinaを思い出した…。

人間世界全体を巻き込む訳か…。面白い。

役割の確認。行列が…。離宮。マッスルタワー的。

雰囲気あるな。俺屍を思い出した。

味方の活躍の場の作り方が、難しい。

…べるぜバブ。

地獄絵図。攻撃でなければいい。攻略法は?心の操作?

分散か。必要なことだな。

鏡。離宮とは、得意フィールドなんだな。

さらに分散。玉章さんは、気付いたのか。

夜雀ktkr。

吉平さん。なんか、晴明がしょぼく?ラスボスがシフトした感じが?

みんな、ごめんね…だと!?展開が早いなぁ。

実子。思いのズレは感じるけど?

陰陽術・天候制御。ライデイン。

陰陽道にない雷か。術設定がカッコ良い。

二代目、と、三代目の戦いか。リクオさんと重なる部分の、捉え方は?

矜持。かな。

もの凄い武将感。九尾?

4分の1。そうか、そこが重なるのか…。

そうか、本家も同時進行か。展開が難しい。映画的?

力を上げる?おお。そうきましたか。玄海師範ですねぇ。

血の呪い…。意志とは…。

呪いと運命…。対立する考え。

二つの意志か?

氷麗さんが、とても、ヒロイン的。

良いシーン。もっと掘下げが欲しかったとも思う。

ヒロイン確定。今回のメーンは、リクオさんの心の部分だったのだな。

凄すぎる。引き。秋まで待てないだろうJK。

展開的な難しさ。同時多発問題。

主人公の掘下げの部分。

後門院への共感。ページ数。

素晴らしすぎる引き。

そもそもの百鬼夜行という設定や、葵螺旋城の構造など、同時多発的な部分など、展開的な難しさを感じたのですが、第二幕への引継ぎ的に、色々と地ならしがされた…と思いました。例えば、バトルでは、開始・『過程』・結果は、週刊誌の場合は引き伸ばせる部分ですが、その逆で省略できる部分でもあるな…と思いました。次回は『過程』メインになるかも?とも思います。


葵螺旋城 最終決戦編・第1幕