読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ予想を書く!伝外超スデメキルヤ団劇

劇団ヤルキメデス超外伝の裏ブログです。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

彼方のアストラ23話・インターセクシャルだと!?確定ネタバレ注意!主人公と親の関係から刺客の正体が想像つかなすぎて知恵熱(´;ω;`)24話予想・ジャンプ感想02号2017年JUMP+

スポンサーリンク

彼方のアストラ23話(篠原健太)

選手の続きより。意外すぎるルカの真実よりスタート。ただ、女の子だった…以外の何かを予想してましたが…?まさかのインターセクシャル展開…。

おもしろかったところ。

  • 唐突な地震。マンガ的に何かないとおかしいけど、それ以外に気になることがありまくり…。
  • 毒親という激重テーマ。ジャンプじゃあ、そもそも親が登場しないマンガも多いなか、直球で題材にしている感じ(´;ω;`)。
  • 叫ぶウルガーを見ながら、冷静な主人公。愛情を受けてる側に刺客がいそうだけど、動機は想像もできない…。

気になるところ。

  • 篠原健太先生は、青少年の性に関わることを、マンガのテーマとして取り扱うことが多いけど、そういう作風なんだろうか?青年誌移籍も将来あるかも?
  • 主人公の境遇の共通点を俯瞰して見る立場に刺客がいるとか?例えば、医者とか、政治家とか…。
  • だいぶ昔にヨーロッパの芸術家で、ゲイの人がいて、男性的な部分と女性的な部分を使い分けている…というのをテレビで見た。

良かったところ。

  • インターセクシャルは、グラーデーション。なんらかの参考文献を予感させる。
  • ウルガーの回想シーン。悲しすぎる。自分では、どうしようもできなかった兄の死と、楽しかった頃の思い出…。
  • 主人公の自分たちの境遇の背景の推測。最終的に浮かび上がる答えは、まるで分からないけど。

その他一言感想。

  • 終盤のスケットダンスでも、似たテーマがあったけど、より突っ込んだテーマと言えるかも?
  • 「養子」ってのも、激重テーマの一つだと思う。ジャンプ+ならではの連載なのかもしれない。
  • 相手からの愛情を受けてなくても、親という存在に依存してしまうのは、子どもの悲しいところだと思う。オレは、その年頃は、だいぶ前に卒業した。

第24話、次回の予想。

地震で起きた津波の回避でしょうね。全員の力をあわせる。ただ、全員無事の平和的な展開じゃあなくて、波にさらわれて、何人か行方不明になったりしそう…?ルカとウルガーか…?

先々週と先週の感想

21話

楽園出発前のパーティー。いっそ、住んでも良さそうだけど、地球の捜索は、打ち切りになってるんよね。

彼方のアストラ21話・ウルガーが刺客なのか!?確定ネタバレ注意!ルカ・エスポジトの父親が政治家という…伏線!?22話予想・ジャンプ感想50号2016年JUMP+ - 伝外超スデメキルヤ団劇

22話

ウルガーが拳銃を撃つところから、スタート。かつてないほどのシリアス。

彼方のアストラ22話・フィン(ウルガーの兄)回想登場!確定ネタバレ注意!23話でルカの性別が判明するのか…!?予想・ジャンプ感想52号2016年JUMP+ - 伝外超スデメキルヤ団劇

余談。

すげー面白い。ジャンプ+は、本誌じゃあできないテーマを、じっくりとできる良いメディアだと思われ。