読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ予想を書く!伝外超スデメキルヤ団劇

劇団ヤルキメデス超外伝の裏ブログです。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

のぶみさんの絵本「ママがおばけになっちゃった!」をワイドスクランブルで知る、母親が死ぬ話はタブーらしい。

スポンサーリンク

のぶみさんの絵本「ママがおばけになっちゃった!」をワイドスクランブルで知る。

テレビの感想です。

元暴走族総長という異色の経歴の絵本作家の特集がありました。井筒和幸監督がインタビューされてました。

「ママがおばけになっちゃった!」の内容は、主人公の男の子の母親が他界して、おばけ(幽霊)になる話のようです。

なお、続編も、そのうち発売するみたいです。

母親が死ぬ話はタブーらしい。

インタビューの中で、印象的だったのは…絵本は子供と母親が一緒に読むものだから、どちらかが死ぬ話はタブーとされているそうです。

(「ねないこだれだ」では、寝ないだけで子供が幽霊になって連れ去られてましたが)

そんなタブーに挑戦した絵本だそうです。読者の感想として、読んだ子供が母親の死を想像して、読後に態度が変わったなんて話がされてました。

私も、今は、そんなことはないですが、「死」という概念を知った頃を思い出して、ついほろっと泣きそうになりました。

なお、物語の進行上でジャマになるってことで、父親は出てこない話の模様。