読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャンプ予想を書く!伝外超スデメキルヤ団劇

劇団ヤルキメデス超外伝の裏ブログです。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

1ツイート何円?評価経済における100万フォロワーの金銭的価値の計算の試み。

インターネット 社会 雑記 はてブがほしい

スポンサーリンク

 すごく今更な感じがするけど、愚かにも、私は、アフィリエイトをやっているし、ツイッターもやっている。評価経済とは、数が生み出す説得力みたいな解釈だと思ったりしてたのだけど、具体的にフォロワー数が生み出す金銭的な価値みたいなモノを考えてみたい。

 1ツイートが何円になるか?とか、そういう話。

例えば現状であるのは、ツイッターのフォロワー数とか。あとフェイスブック、ツイッターなどの数値などの数値から算出した「クラウトスコア」とか。
これは株価みたいなもの。
1億円を持っているより、ツイッターで100万フォロワーがいるほうが、いろいろできる。これがほしいというだけで、手に入るし、提供する、という人も表れる。
「僕らは評価経済の高度成長期に入った」 週刊東洋経済インタビュー ノーカット版掲載! - 岡田斗司夫公式ブログ

 最近、話題になっていた記事の、この部分。100万フォロワーと、1億円に関して。

 私は、ツイッターをやっていて、これ書いている現在で、フォロワー数は、約500人くらい → https://twitter.com/#!/yarukimedesu から確認できます。

 ほんでもって、例えば、私が、はてなブックマークをして、それをツイッターと連関させた時に、生み出しているクリック数は、だいたい5〜10くらいの感じにおさまっている。さもしい →http://b.hatena.ne.jp/yarukimedesu/ から確認できます。

 まぁ、だいたい、500フォロワー数に対する5〜10だから、100分1から50分の1くらいのクリック数を誘導できる。ただし、RTが発生すると、それこそ、拡散的にクリックを導いていくから、フォロワーさんの中で、RTをしてくれる人が、どれくらいいるか…によっても、随分変わってくる。

 だけど、その辺りは、不確定要素が強いので、ちょっと少なめに100分の1のクリックを導けると、大雑把に考えてみる。そうすると、100万フォロワーに達すると、URL入りのツイート1回で、1万クリックくらい導けることになる。運が良かったら、もっと、クリックが乗っていくだろう。


 出。このあたりで、アフィリエイトの話をからめて見ると、日本のバナー広告とかだと、1クリック1円とか、3円とか、そんなんがある。クリック1円は、クリックで募金するサイトとかもあるし、日本で1クリックと言えば1円だと思う → クリックで救える命がある。 | dff.jp


 最近は、ツイッターに投稿するようの広告とかもあるみたい。もしも、URL入りツイートから、発生したクリック数×1円とかの報酬が発生したとしたら、140文字以内の短文が生み出す価値だけど、100万フォロワーいる人は、ほんの数分で1万円稼ぐことになる。

 なんだか、マイクタイソン氏のファイトマネーみたいな話に似ている気がする。私は、仮に1クリック1円のツイートをしても、5円とか10円だけど、100万の人は1万円になる訳だ。これが、数の持つ強みと、説得力のように思える。

 そのような観点で、最近、私が、はてなブックマークしたはてブ画面を見て欲しい →はてなブックマーク - 警察署に職務質問を自主的に受けに行ったらこうなった! - 登 大遊@筑波大学大学院コンピュータサイエンス専攻の SoftEther VPN 日記。IDコールとか、画面コピーをしても良いのだけど、具体的に人を巻き込むのがはばかられた。

 まぁ、見てもらったとして、私が確認した時点で、1クリック1円だとしたら、定食を食べてオツリが貰えるクリック数を稼ぎだしている「はてな」の有名人の人もいるし、ハンバーガーのセットを食べられそうな人もいる。多くの人が5円チョコ買って1円玉でオツリを貰うような、中でだ。

 それは、完璧に実力の世界なので、嫉妬する訳じゃあないが(くやしくて死にそう)、それだけ拡散力に差がある。1万円までは、いかなくても、はてなーの中に、1ツイート少なく見積もって、500円くらいの実力の持ち主はいるということが分かる。

 もっとも、ステルスマーケティングじゃあないけど、広告的なツイートは避けられるような気がするから、明らかな場合は、思うようなクリック数は出ないかも知れないが…。でも、例えば、以下のようなサイトのURLを含むツイート…

インド人シェフのアドバイスを全部無視して作ったから、日本人の味覚にあった最高に美味しいカレーに仕上がりました☆

 はてブも利用して、「インド人カワイソスwww」とか、そんな内容だったら、おおよそ広告ツイートだと思われないのじゃないかな。でも、それで、1000とか、1万とかのクリックを導くことができるなら、そのツイートは1000円とか、1万円だ。アフィリエイトとかだと、サービス提供者にも入るお金があるから、その辺りのを抜いたら、2000円とか、2万円とかになるかも知れない。

 アフィリエイトとかを嫌う人もいるから、そういうのが出てくると、フォロワーは減っていくかも知れないけど、例えば、「1万円払いますので、このWebサービスを呟いてください。ディスって貰っても良いです。」みたいなのは、ステルスマーケティングとは、ちょっと違うようにも思える。

終ります。

 もしも、報酬付のツイートばかりになったら、色々とげんなりする部分もあるかも知れないけど、100万フォロワーに達した時、1日100ツイートするなかで、1ツイートは報酬のあるツイート。1日1万4000文字以内を書くだけで、1日1万円とか貰える。1万4000文字って多いけど、あんまりツイッターで文字数ギリギリまで、書かないから。実際は、1万文字もいかないだろう。

 週2日はツイッターも休んで、月20日くらいツイートしていたら、月20万円。そろそろ、ツイートするだけで、飯を食っている存在…が現れても、おかしくないように思える。職務とかじゃあなくて、広告収入とか、そんなんで…。

 私のダイアリなんて、拡散力が屁のようなモノだから、こんなに文字を書く事自体が、単価を下げているような行為だ。ダイアリを書いても、お金持ちになれる訳じゃあない。

 いつの日か、マイクタイソン氏のような、アルファブロガーになりたいです。こまねち。